読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

…無力な近況

しばらく前はSNSmixiを多用していた。
今はもっぱらtwitterかニコ生。長文でmixiに日記をつづって書いたり消したり公開範囲を変えたりしていたのが懐かしい。
仕事が忙しくて書かなくなったとかそういうわけでもない。内省的になるのに飽きたしそういう感傷に浸る人を見ているのが面倒になった。こういうの、不感症が進行しているんだろうな。自分が冷たい人間になったみたいだが、だからといって常にささくれたガラスのハートでいても苦しいだけだ。
苦しみから怠惰への移行が過ぎて、それはそれでいいのかも。

っていうような己の客観化が別にできてるわけでも何でもないのでそういう心の動きを書き記すだけでもちょっとイタいんじゃねーのと思って本当はあまり書きたくない。

この半年くらいで面白かった映画は
第9地区
殺人の追憶
プッシャー
マッドマックス 怒りのデスロード
Vシネ版呪怨
サスペリア

ぐらいかな、
まあ主に韓国映画ブームが自分の中でキテるので、あとインファイナル・アフェアなんかもいいし、
アジアのヤクザモノ映画、フィルムノワール、クライムサスペンス系はもっと見たいものばかりだ。
韓国は政治、戦争映画なんかも濃そうなので、見ていくのが楽しみだなあという途上にある。
また、ホラー、スプラッター系は海外も日本のもいろいろあり過ぎでジャンル制覇するには時間がかかりそうだ。ゾンビ物なんかにはまだ全然手を付けていないし。

あとは小説以外の本とかはまだたまに読んだりするようになり。
videonewsとか見て、リベラルとか政治とかも面白がれるような知識がついてきたけど
政局自体にはなかなか関心が持てないなーといったところ。
神保さんの喋り方には感心する。
でも最近読んだ本で一番面白かったのは「風俗で働いたら人生変わったwww」とかかな…
ジェンダーとかフェミとかも面白いし、勇気がでる。

そうやって人生がどうでもいいことで暇つぶししている間に終わるだろう。まあ孤独だけど現代はそんなこと関係ないぐらい娯楽があふれている世界でよかったなあ。